ニュースのアーカイブ

2018.02.26

冬季五輪の応援で平昌に滞在中のモンゴル選手団のB.バトエルデネ団長とモンゴル五輪委員会のD.ザグドスレン会長が、竹田恆和日本オリンピック委員会(JOC)会長らと会談した。 バトエルデネ団長は竹田会長らに対し、これまでスポーツに限らずあらゆる分野で日本と協力関係を続けていることに謝意を表明し、自身が柔道連盟会長を務めた時代には日本から学ぶことが多かったと振り返った。ザグドスレン会長は金メダルを獲得した日本選手らに対する祝辞を述べ、両者が協定を結んでいるSport For Tomorrow, Jenesys 計画に関して意見交換した。一方、竹田会長はモンゴル選手団を応援したい旨を述べ、2020年の東京オリンピックに向け、日本側からモンゴル選手団をサポートするつもりだとした。モンツァメ通信社(2018年2月18日)。http://montsame.mn/jp/read/1551