ニュースのアーカイブ

馬頭琴はモンゴルの一番人気がある民族弦楽器である。2008年にユネスコの「人類の口承及び無形文化遺産」として登録された。

馬頭琴は先端が馬の形を模した棹と、四角い共鳴箱、2本の弦から構成される

モリンホールは。弦を支える駒が上下にあり、音程の微調整にも利用される。本体は木材を用いる。本体の共鳴箱や棹の材質は製作者によって異なるが、内モンゴルではエゾマツやシロマツなどの松材を用い、モンゴル国ではシラカバを用いる場合が多い。旧来は共鳴箱の表にヤギや子ラクダ、子馬などの皮革を張っていたが、モンゴル国では1960年代にソ連の楽器職人D.ヤローヴォイの指導により、内モンゴルでは1980年代になってB.ダルマーやチ・ボラグらが中心になって、木製の表板を用いるように改良が加えられ、さらにf字孔や魂柱などの要素も加わった。弦と弓はウマの尾毛またはナイロンを束ねて作る。ウマの尾毛の場合、低音弦は100-130本、高音弦は80-100本、弓は150本-180本程になる。
馬のフィドルが刻まれた馬の頭を持つ長い首に装着台形状の本体、最も人気のある楽器Mongolaの楽器と2008馬のフィドルの設計における人類の口承及び無形遺産のユネスコのリストに刻まれている。それは二つの文字列と、これら二つの文字列を有しており、弓の弦は、馬の尾部で構成されている。馬のフィドルは、特徴的で美しい深い音を持っています。フェスティバルやイベントのほとんどは、馬のフィドルのメロディーによって開始されます。多くの家族が馬のフィドル自宅のように幸せの象徴を持っている。あなたはこのオプショナルツアーでこの楽器を演奏する方法を学ぶことができます。