ニュースのアーカイブ

馬頭琴いわゆるモリンホールは、モンゴル音楽文化の中で最も人気のある民族楽器として知られています。この楽器は、日本の三味線に似ていますが、楽器先端部には馬の頭が彫刻され、底部の四角形の共鳴箱部分、そして弦は僅かに二本というシンプルな構造となっています。本体の弦と演奏用の弓のどちらも馬の尾の毛で作られており、まさしく馬を形容した楽器となっています。馬頭琴は幽玄な心地よい音を奏で、各地での催事やフェスティバルなどでは、例外なくこの楽器の演奏から始まります。モンゴル人には、馬頭琴の音と姿が幸せを招くものとして信じられ、家々は馬頭琴を飾る習慣を大切にしています。また日本からお越しになる皆様も、馬頭琴を持ち帰られる姿が空港などで見られ、きっと幸せをもたらしてくれることでしょう。是非この楽器の演奏体験にも挑戦してみて下さい。