ニュースのアーカイブ

モンゴルでの主食と言えば、何といっても肉中心の食品です。昔ながらの遊牧の家族は、夏の緑の深い時期に、特に馬乳酒を始め、自給自足の乳製品で健康を保っています。その他には、肉うどん、蒸し肉餃子として有名なボーズ、そして揚げ餃子のホーショール、また油で蒸し揚げた焼きうどんのツィワンなど、これらも普通に家庭料理として食されています。うどんについては、日本と同じように手打ちで作られ、親しみを抱いて頂けるでしょう。これらには、玉ねぎなどの野菜を使い、モンゴル塩、コショウなどで味付けされて、食卓に供されます。一度料理体験もされて、モンゴルオリジナル料理を味わってみませんか。