カテゴリーモンゴルの文化を体験するオプション

ホームステイ体験

4月 29, 2015 6:48 am 発行者 Leave your thoughts

遊牧民家庭でのホームスティ体験は、他では真似の出来ない素晴らしい思い出を残してくれる事でしょう。厳しい自然環境ながらも、その中にこそシンプルで優しい生き方があるのだと、心より感じて頂ける筈です。手も包み込んでしまうほどの民族衣装デールの感触、ゲル家屋のストーブに暖かさを求め、モンゴルのお母さんとの夕食の支度、そして羊と馬との触れ合いと世話、また水が貴重で毎日の運搬がいかに大切な仕事なのかという思い、これは、きっと楽しい日々の記憶となっていく事でしょう。お隣のゲル訪問には、大草原を馬で走ってもみましょう。これがモンゴル人の暮らしと歴史なのだと・・風を感じながら・・。

モンゴル家庭訪問体験

4月 29, 2015 6:17 am 発行者 Leave your thoughts

ウランバートル滞在期間中には、是非、モンゴルの一般家庭を訪れてみて下さい。誰に限らず、大変に歓迎をしてくれます。そしてこの機会を通じて、モンゴル人のライフスタイル、何気ない日常の事などを聞いてみて下さい。きっと日々の暮らしの中に、モンゴル人の優しさと活力、そして何を大切にして暮し、また未来の事までも語りあいながら、食事の接待も経験できる事でしょう。モンゴル国民はこうした機会を大切にし、日本の方たちとの揺ぎ無き永い友情も願っているのです。

モンゴル料理クッキング体験

4月 29, 2015 6:10 am 発行者 Leave your thoughts

モンゴルでの主食と言えば、何といっても肉中心の食品です。昔ながらの遊牧の家族は、夏の緑の深い時期に、特に馬乳酒を始め、自給自足の乳製品で健康を保っています。その他には、肉うどん、蒸し肉餃子として有名なボーズ、そして揚げ餃子のホーショール、また油で蒸し揚げた焼きうどんのツィワンなど、これらも普通に家庭料理として食されています。うどんについては、日本と同じように手打ちで作られ、親しみを抱いて頂けるでしょう。これらには、玉ねぎなどの野菜を使い、モンゴル塩、コショウなどで味付けされて、食卓に供されます。一度料理体験もされて、モンゴルオリジナル料理を味わってみませんか。

仏教修行体験ツアー

4月 29, 2015 6:06 am 発行者 Leave your thoughts

チベットの高僧ダライラマは、「人生の目的とは、幸せを求めることです・・」と教えています。物やお金のみでは、真の幸福は得られないという意味なのでしょう。心の平安こそ健康をもたらし、至福の人間関係と経済力すら得られるとも考えていいのでしょう。こうした幸福感は、他者への思いやりの心から生まれるものとされ、これは修行によってのみ達せられる価値観と言われます。仏教の教えでは、これは自分の心に平安を育てることであり、その一歩は、優しく穏やかな「思いやりの心」を育てていくことだと言います。ガンダン寺の僧侶の指導で、仏道修行体験をなさってみてはいかがでしょうか。

馬頭琴演奏体験ツァー

4月 29, 2015 6:02 am 発行者 Leave your thoughts

馬頭琴いわゆるモリンホールは、モンゴル音楽文化の中で最も人気のある民族楽器として知られています。この楽器は、日本の三味線に似ていますが、楽器先端部には馬の頭が彫刻され、底部の四角形の共鳴箱部分、そして弦は僅かに二本というシンプルな構造となっています。本体の弦と演奏用の弓のどちらも馬の尾の毛で作られており、まさしく馬を形容した楽器となっています。馬頭琴は幽玄な心地よい音を奏で、各地での催事やフェスティバルなどでは、例外なくこの楽器の演奏から始まります。モンゴル人には、馬頭琴の音と姿が幸せを招くものとして信じられ、家々は馬頭琴を飾る習慣を大切にしています。また日本からお越しになる皆様も、馬頭琴を持ち帰られる姿が空港などで見られ、きっと幸せをもたらしてくれることでしょう。是非この楽器の演奏体験にも挑戦してみて下さい。

馬頭琴を習うツアー

2月 2, 2015 6:02 am 発行者 Leave your thoughts

馬頭琴はモンゴルの一番人気がある民族弦楽器である。2008年にユネスコの「人類の口承及び無形文化遺産」として登録された。 馬頭琴は先端が馬の形を模した棹と、四角い共鳴箱、2本の弦から構成される モリンホールは。弦を支える駒が上下にあり、音程の微調整にも利用される。本体は木材を用いる。本体の共鳴箱や棹の材質は製作者によって異なるが、内モンゴルではエゾマツやシロマツなどの松材を用い、モンゴル国ではシラカバを用いる場合が多い。旧来は共鳴箱の表にヤギや子ラクダ、子馬などの皮革を張っていたが、モンゴル国では1960年代にソ連の楽器職人D.ヤローヴォイの指導により、内モンゴルでは1980年代になってB.ダルマーやチ・ボラグらが中心になって、木製の表板を用いるように改良が加えられ、さらにf字孔や魂柱などの要素も加わった。弦と弓はウマの尾毛またはナイロンを束ねて作る。ウマの尾毛の場合、低音弦は100-130本、高音弦は80-100本、弓は150本-180本程になる。 馬のフィドルが刻まれた馬の頭を持つ長い首に装着台形状の本体、最も人気のある楽器Mongolaの楽器と2008馬のフィドルの設計における人類の口承及び無形遺産のユネスコのリストに刻まれている。それは二つの文字列と、これら二つの文字列を有しており、弓の弦は、馬の尾部で構成されている。馬のフィドルは、特徴的で美しい深い音を持っています。フェスティバルやイベントのほとんどは、馬のフィドルのメロディーによって開始されます。多くの家族が馬のフィドル自宅のように幸せの象徴を持っている。あなたはこのオプショナルツアーでこの楽器を演奏する方法を学ぶことができます。

モンゴルの書道

2月 2, 2015 5:47 am 発行者 Leave your thoughts

モンゴルの書道はクラシックなモンゴルの縦文字での手書きの手法である。モンゴルの縦文字は90の文字があり、言葉を一筆書きで垂直に書く。モンゴルは12世紀ごろウイグル文字から採用し、上記に述べたように上から下へと左から右へという方向で書かれている。1946年からロシアの影響でキリル文字を採用し、今までキリル文字を使っている。モンゴルの1990年に民主国家になってから縦文字と書道は復活し始めた。2013年にモンゴルの書道は緊急な保護が必要だということでユネスコの無形文化遺産に登録された。イダ先生は皆様にモンゴルの縦文字や書道とその哲学について教えてくれる。

モンゴル相撲

2月 2, 2015 5:38 am 発行者 Leave your thoughts

相撲はモンゴルで一番人気があるスポーツである。モンゴルの相撲業界に体重と年齢の制限はない。相撲を取るとき相手の肘と膝を地面に触れるとまた相手を倒すと勝ちとなる。モンゴル相撲に相手を勝つ約600ぐらいの技がある。ですから、モンゴルの相撲取りが日本の相撲業界に活躍している。1時間で4人か8人んの相撲取りがお互いに相撲をとって、モンゴル相撲の主な技を見せる。ご興味がある方は住もうを取ってみることも可能。