Back to :西モンゴル
2015.05.20

モンゴルのカザフ民族:鷹匠

バヤン・ウルギー県はカザフ族の地域です。カザフ族の人口は1万1千人ぐらいで、モンゴルの全人口の5%を占める、人口でハルハ族の次になる、モンゴルで2番目の大きな部族です。カザフ族の言語や習慣はモンゴルと違って、独自の言語や習慣があり、宗教もイスラム教です。カザフ女性の手作りの刺繍は有名で、彼らが着ている民族衣装、利用しているアクセサリー、ゲルの壁などを刺繍で飾ります。鷹を利用して狩猟するのがカザフの昔の伝統です。若い雌鷹を取って、訓練し、毛皮のある狐や野生のウサギなどを狩ります。雌鷹を選ぶのが雄鷹より体が大きくて、忠実であるからです。

Location