Explore amazing video
セントラル(中心部)モンゴル
南モンゴル

地方

セントラル(中心部)モンゴル

セントラル(中心部)モンゴル

カラコルム市遺跡: テムジン及びチンギスハーンがモンゴル国家を統一し、支配した領土は東方ハルハ川(現在のモンゴルの東の国境)、西方イルティシュ川(現在のカザフスタン)、南方万里の長城以北、北方バイカル湖に到るまでであった。カラコルム市はチンギスハーンの法令によりオルホン渓谷に1220に確立されている。1220年から1260年の間はモンゴル帝国の行政、貿易、工芸、文化の中心だった上で東と西を繋いでいたシルクロードの十字路でした。 この間のカラコルム市はアジア・ヨーロッパ、アラブの旅人、官吏、高官、科学者たちを呼び集め世界の文化を結び付ける大首都としての役割を果たしていたものである。その1つの例は、世界三大宗教である仏教、キリスト教、イスラム教の宣教師たちが首都においてそれぞれの活動を行っており、1254年にムンフ皇帝がカラコルム首都に仏教、キリスト教、イスラム教の代表たちを招集し、世界歴史上初の理論討論会を開催していた。 1235年に帝国の勢力、繁栄の象徴として“完全なる平安”という宮殿を建造、カラコルムはさらに威厳を放ち、モンゴル帝国首都の存在を誇示するようにとなった。大皇帝の「完全なる平安」宮殿の前にパリの熟練工ギロームボシェが建てた銀の木があった。国家的な宴会、祭りのときは仕掛けを動かすと頭頂部での天使が笛を吹き、その木の四方からお酒、ワイン、馬乳酒などの4種類の美味しい飲み物が流れ出ていた。これは1254年にフランス王ルイ9世によりモンゴルに派遣された僧侶ルブルックがムンフ大皇帝に謁見する際に目にした光景である。 カラコルムの都市建設にはモンゴルの熟練工以外にフランス、イギリス、ハンガリー、チベット、ネパール、ペルシャ、中国、韓国などの国々より厳選された熟練工、建築家たちを結集して仕事に当たらせている。カラコルム市遺跡の発掘でファラオのマスク、アラビアのコイン、金属、皮革製品、武器、輸送機器などのほかに銅、銀、宝石で作った数多くの発見物が見つかった。これらの発見物を見るとカラコルムで金属作業開発は成功していたことを分かる。1260年にフビライ皇帝が首都を北京に遷都した。その後、1380年と1410年に中国の明軍がカラコルムを攻撃し、カラコルムを完全に崩壊された。 エルデネゾー 1586年にチンギスハーンの王族の子孫であるアブタイサインハーンが仏教の最初のエルデネゾー寺院を古代のカラコルム市の遺跡で建設した。寺院は108仏塔で囲まれて、モンゴルの伝統的な問計画によって構築されている。1872年に62お寺と500ぐらいのビル、1万人ぐっらいのお坊さんがいたモンゴルの最大な修道院であった。エルデネゾー寺院はオルホン渓谷の世界文化遺産のサイトの1つである。この寺院の仏教的な建築はとても魅力的で、文化、習慣、信念が保全されている、アジアでの仏教の貴重な寺院の1つである。1939年に共産主義のリーダによって破壊されて、1944年に残った寺院や建物を国に保護されるようになった。 トゥブフン寺院 1651年にチンギスハーンの王族の子孫である初代活仏ザナバザルがトゥブフン寺院を修行センターや仏教芸術作品の寺として設立した。1939年に共産主義のリーダによって破壊されたが、現在お寺の遺跡が部分的に回復された。お寺は森林に囲まれた風光明媚なところの山の頂上に位置している。初代活仏はここで有名な「ソヨンボ」というスクリプトや他の多くのユニークな作品を作り上げた。トゥブフン寺院もオルホン渓谷の世界文化遺産のサイトの1つである。 オルホン滝 オルホン滝はウブルハンガイ県、バトウルジー村から北方50㌔に位置している。滝は火山の噴火や地震のユニークな組み合わせによって形成された。オルホン滝は25mの高さから流れ落ちて、20mの高い峡谷の中を60㌔流れていく。オルホン川は北方へ1124㌔流れるモンゴルの最長の川である。オルホン川渓谷は2006年に国立公園になった。 ナイマン湖 湖はハンガイ山脈の風光明媚なところに、オルホン滝から西南70㌔に位置している。前世紀に火山噴火によって形成された、海抜2700m~3160mのとことに全部で8つの湖がある。これらの湖は地下の水路で接続されているのでへその8つの湖と呼ばれている、淡水湖である。ここは自然の美しさと希少種の花や薬草、多種類の野鳥と自然のユニークな形成で人気がある。 オルホン渓谷・ユネスコ 世界文化遺産サイト オルホン渓谷世界遺産のサイトはウブルハンガイ県のバトウルジー村、ホジルト村、ハラホリン村とアルハンガイ県のホトント村とハシャート村に位置して、サイトの面積は12万1967ヘクタールである。 オルホン渓谷は遊牧民族にとって生活して定着することに一番適している地域である。中央アジアの遊牧民族であるモンゴル族の子孫はこの地域に数千年をわたって生活してきた。ここで匈奴、鮮卑、柔然、突厥、ウイグル、契丹などのいくつかの遊牧国家が現れた上で、最大の帝国はモンゴルの偉大なチンギスハーンが遊牧民の諸部族を統一して建設したモンゴル帝国である。また、数多くの歴史的なセンターの遺跡が残されていて、多数の考古的な発見物が発見されている。 主な世界文化遺産のサイトにVI世紀~VII世紀の突厥時代の記念碑であるホショー・ツァイダム遺跡、VII~IX世紀のウイグルの主とであったハラ・バラガス遺跡、XIII世紀のモンゴル帝国の古都であるカラコルム遺跡、モンゴルでの最初の仏教のエルデネゾー寺院、トゥブフン寺院、そのほかにもいくつかの歴史的な遺跡が含まれている。 ユネスコ世界遺産委員会、オルホン渓谷は数千年の前から今まで続いてきている遊牧のユニークな文化の1つの例として、また1つの地域で昔の人類文明と文化が交代されて、繋げて続いて来た独特な例として世界遺産リストに2004年に登録した。

もっと

南モンゴル

南モンゴル

南ゴビ. ゴビという名称は、モンゴル語で言う「乾燥と雄大」な場所という意味を示します。特に砂漠地帯は、モンゴル南部と中国北西部から北を占め、砂漠と言えば「ゴビ砂漠」を思い起こせるくらいに知られています。アジア全体では最大の砂漠であり、全世界でも五位に入るほどの規模を誇っています。ゴビ砂漠は地勢学的には、インド洋から流れてくる湿った雲を、ヒマラヤ山脈が遮るという影響から、年間降雨量は195ミリ前後と極端に少なく、乾ききった地域となっています。また、夏の平均気温は30度C、冬ともなるとマイナス40度Cと、その極端な温度差に驚かされます。しかし、そのような過酷な自然環境に関わらず、生物分布はその多様さを誇り、植物はもとより動物もその環境に耐えて素晴らしい繁栄を見せています。ゴビ全体では野生種の馬と羊、アイべックス、またやはり野生のラクダとガゼル等が生息し、植物も薬草と希少種など250種類を数え、サクソールとかコトカケヤナギなどの樹木も豊富に繁茂しています。 南ゴビ県は、モンゴル最大の面積を誇りますが、人口は大変に少なく、人工密度としては一平方キロメートルあたり0.3人という低い値となっています。その逆に「ふたコブラクダ」は30万頭に及び、彼らの故郷ともなっています。また、太古の恐竜の生息した地としても知られ、世界的にも化石発掘地としてもよく知られて います。1922年に、アメリカの古生物学者ロイ・チャップマン・アンドリュースは、世界で始めてバヤンザグという地で、恐竜の営巣地に、同心円状に並んだ恐竜の卵の化石を発見しました。このため、この地の周辺は、世界各国から古生物学者、探検家や冒険家が多数訪れる地として、大変に有名な場所となっています。 ホンゴリーン・エルス砂丘. ゴビ砂漠のホンゴリーン・エルスは、最大の砂丘として、魅力ある場所のひとつに数えられます。砂丘の全長は何と130キロメートルにも達し、その幅も3キロメートルから5キロメートルと言われ、高さも180メートル余と言われています。その砂丘の近くには、大変に美しいホンゴリーンゴルというオアシスがあり、その周りは小川が流れ、川沿いには緑濃い樹木と華やかな花々が咲き乱れています。その光景に惹かれて、多くの観光のお客様が訪れ、サンドボードやラクダに身を任せて、砂漠の楽しさを満喫する光景が見られます。 ゴビ・ゴルバン・サイハン国立公園. ゴビ・ゴルバン・サイハンという言葉は、三つのゴビの美しさを語る言葉です。その意味は、東サイハンと西サイハン、またその中間にある中サイハンと呼ばれる美しい山々のことであり、1965年に国立公園に指定されています。この公園はダランザダガド市より45キロメートル離れており、全体面積は200万平方キロメートルに及び、保護地域ともなっています。ユキヒョウ、野生種ヤギのアイベックス、そしてその他にも野生ラクダやマザーライという野生熊およびここでしか見られない特徴ある希少種植物にも溢れています。国立公園内には、「鷲の谷」、燃え上がる谷を意味する「バヤンザグ」、ホンゴリーン砂丘、恐竜化石が発見されるヘルメンツァブ、ドゥンゲネー渓谷など、特に景観の美しい多くの場所が楽しめます。その他に200種以上の野鳥、ハシナガサバクガラス、フサエリショウノガン、オオメダイチドリ、ハマヒバリ、サバクヒタキ、サバクムシクイ等の多くの鳥類が、自然の美しさに色をそえています。 鷲の谷. ゴビ砂漠の「鷲の谷」は、国立公園内で最も目に美しい場所です。狭い岩が 折り重なる渓谷では、夏の七月まで氷河のように厚い氷で覆われている光景が眺められます。峡谷の中の小川の流れが、このような特異な分厚い氷を作り上げる元と知られています。峡谷内の岩々が日差しを遮り、年間を通じて氷が解けない場所もあり、 その光景を見ることも出来るかも知れません。「鷲の谷」の麓には、ゴビ自然史博物館もあり、お楽しみいただけます。 バヤンザグ. バヤンザグはダランザドガド市から北西100キロメートルに位置しています。この場所は、特に古生物学の発掘で有名な場所ともなっています。ここでは、1922年に古生物学者ロイ・チャップマン・アンドリュースが、世界に先駆けて7000万年過去の恐竜の営巣地と化石骨格を発見しました。この学者は、バヤンザクにこの発掘場所の特徴から、「燃える崖」と命名しました。それは、この場所が赤い岩石に覆われているために、日没時の色がこの崖が赤い色を染め出して、あたかも燃え上がるように見えるためと言われます。この場所から北の方向にはサクソール森林があります。ここにも多くの古生物の化石などが発掘され、それらは米国の自然史博物館にも収蔵展示されています。 ヘルメンツァブ. ヘルメンツァブも、また古生物学化石の発見で有名な場所です。ダランザダガド市より西方450キロメートルに位置し、この場所は10キロメートルも続く巨大な絶壁が立ちはだかり、入山には二つの経路しかありません。ヘルメンツァブに到着するのは大変な困難を伴い、水源地もないために人が暮らしたことはありません。モンゴルとロシアの古生物調査団が訪れ、ここから新種の恐竜、昆虫、哺乳動物、鳥類と亀やワニ、そして多くの新種植物も発見しました。特に恐竜の故郷とも言われますが、夏の気温は60度Cにもなる場合も有り、厳しい環境は人を寄せ付けにくく、貴重な環境と生態系が残されています。 ドルノゴビ県. ドルノゴビ県サインシャンドの町は、首都ウランバータルから南東46キロメートル離れた場所に位置しています。中国とは長さ600キロメートルを隣接し、国境の町ともなっています。ロシアと中国をつなぐ鉄道も、この町を走っています。サインシャンドは人口約3万6千人が暮らし、今もこの地は重工業団地の設置計画のため人口は増え続け、石油、銅、蛍石、石炭そしてウランなどの埋蔵物に恵まれた鉱山の町ともなっています。また、このドルノゴ県は、歴史的にも著名な第五代聖人ダンザンラブジャー(1803年-1856年) の故郷でもあり、サインシャンドにはこの聖人の博物館、また宗教的な施設なども体験できるようになっています。特に、願いをもたらすと言う聖地としての「黒山」、世界で四番目の規模を誇る35メートルの古代仏塔、また、地下と宇宙の両方からもたらされる「気のエネルギー」の集中地「シャンバラ」(この世ならぬ理想郷) などモンゴル最高のパワースポットもお楽しみいただけます。 ハマリーン僧院. 19世紀のモンゴルの著名な啓蒙思想家であり、詩人そして第五代聖人でもあったダンザンザンラブジャーは、1822年ハマリーン僧院を創建しました。この僧院は、「赤帽子宗派」と言われる仏教一派の重要拠点の一つでした。80の寺院、500人の僧侶を擁したこの寺院の重要施設の一つに、土地の子供たちを対象とした歴史と宗教を教える木版図書館も設けられていたと言われます。そこでは「ドゥインホルの仮面舞踊」が催され、特に「月のカッコウ」と言う舞台演劇が上演され好評を博したと伝えられます。近代に入り、このハリマーン僧院を始め、1937年から1938年にかけて宗教思想を否定する共産主義の盟主ソビエトの仕業により、大々的な寺院打ち壊しなどの憂き目を見ましたが、モンゴル人民共和国が1991年にモンゴル国(モンゴルウルス)として、民主経済者会に転向後、宗教的権利も回復され、新しく寺院も再建されて、現在に至ったのでした。 ダンザンラブジャー博物館. ダンザンラブジャー博物館には、第二次大戦中に避難疎開されて消失を免れたハマリーン寺仏典宝物類が展示されています。これは戦前戦後を通じて、52年間もの長きにわたり、密かに保管をされ続けた貴重なる仏教資料類となっています。この功績は、 1937年当時、この寺院の管理を任された25歳の青年トゥデブ氏により、洞窟そして地下倉庫などに64箱にも上る寺院の収蔵品を退避させ、戦災等の憂き目から貴重なる文化財を守ったものとして、賞賛に値しました。これらの資料類には、第五代聖人ダンザンラブジャー(1803年 -1856年 ) の教本、絵画、漢方薬品器具、経典類とその他の文化的作品類も含まれています。この僧院では、男女の分け隔ての無い教育を最も重要視し、書記官、演劇の男優及び女優、宗教賛歌の歌手、舞人、劇場のための工作職人など、さまざまな人材育成に努めました。そうした成果の事例として、半数はチベット語筆記、残り半分はモンゴル語表記の300を超える詩作集、また長唄・オルティンドゥを含む100作余りの歌謡、哲学的著作一巻、10作の宗教的演劇作品と、膨大なる仏教関係の著作物も含まれています。

もっと