Explore amazing video
モンゴルのカザフ民族:鷹匠
ホルガンとホトン湖
アルタイ5大山国立公園
ヒャルガス湖
トゥルゲン山とハルヒラー渓谷
シュデン:岩塩山
ウブス湖

西モンゴル

モンゴルのカザフ民族:鷹匠

モンゴルのカザフ民族:鷹匠

バヤン・ウルギー県はカザフ族の地域です。カザフ族の人口は1万1千人ぐらいで、モンゴルの全人口の5%を占める、人口でハルハ族の次になる、モンゴルで2番目の大きな部族です。カザフ族の言語や習慣はモンゴルと違って、独自の言語や習慣があり、宗教もイスラム教です。カザフ女性の手作りの刺繍は有名で、彼らが着ている民族衣装、利用しているアクセサリー、ゲルの壁などを刺繍で飾ります。鷹を利用して狩猟するのがカザフの昔の伝統です。若い雌鷹を取って、訓練し、毛皮のある狐や野生のウサギなどを狩ります。雌鷹を選ぶのが雄鷹より体が大きくて、忠実であるからです。

もっと

ホルガンとホトン湖

ホルガンとホトン湖

国立公園の自然の美しさで人気があるもう1つのところはホルガンとホトン湖があるツェンゲル村です。ここはウルギー町から南西180kmのところにあります。淡水湖の周辺にある万年雪の山々、滝、高山植物などを満喫し、夜は満点の星空を見上げて、ユニークな景色を楽しむことが出来るところです。湖の近くに数多くの壁画があり、昔の人々の作品をゆっくりと見学することも楽しいです。乗馬することとハイキングツアーに最適な場所です。

もっと

アルタイ5大山国立公園

アルタイ5大山国立公園

アルタイ・タワン・ボグド(アルタイ5大山)国立公園の面積は約630,000m²で、モンゴルの最大の国立公園です。アルタイ山脈の最高峰であるフイテンの峰(4374m)、ナイラムダルの峰(4192m)、ブルゲドの峰(4068m)、マルチンの峰(4051m)、ウルギーの峰(4050m)の万年雪の5大山が聳えている上で、ホルガン、ホトンやダヤン湖などの風光明媚な湖があります。フイテンの峰のふもとはポターニン氷河に覆われています。国立公園にシベリアアイベックス、マラル鹿、ヘラジカなどの希少種の野生動物が生息しています。これ以外に、公園内に数多く遺跡、鹿石、壁画や突厥(とっけつ)時代の石人などがあります。アルタイ5大山国立公園の平均標高は3000mです。

もっと

ヒャルガス湖

ヒャルガス湖

ヒャルガス湖はウラーンゴム市から220キロのところに位置しています。ヒャルガス湖の長さは75キロで、幅は31キロ、標高1028メートルにある塩湖です。大湖流域での最も深い湖の一つで、一番深いところは80メートルです。ヒャルガス湖の周辺の景色は砂漠や草原で、湖の近くに「ハル・テルミス」の泉があります。この泉の水は内臓に効果があり、多くのモンゴル人はこの泉の水を飲みに来ます。ここに「ヘツー・ハッド」という風光明媚なところがあり、ここに来ると、湖の波が強くて、モンゴルにある海のビーチリゾートに来たような気がします。

もっと

トゥルゲン山とハルヒラー渓谷

トゥルゲン山とハルヒラー渓谷

ウブス県の魅力的なところの一つはトゥルゲン山とハルヒラー渓谷自然保護区です。最高峰であるハルヒラー山頂は4037メートルで、その次のデグリー・ツァガーン山の頂上は3978メートルです。この地域の主な魅力は万年雪の山脈、高山ツンドラ、タイガの針葉樹森林、山の盆地、氷河と底から流れ出る滝で、ユキヒョウやアイベックスなどの鉱山動物の生息地となっていることです。トゥルゲン山とハルヒラー山からハルヒラー渓谷を出来て、この地域全体は自然保護区になっています。

もっと

シュデン:岩塩山

シュデン:岩塩山

ウブス県は岩塩資源が豊富です。このシュデン岩塩山は73.2万トンの岩塩の資源があり、塩の暑さは5~90メートルで、モンゴルの最大な岩塩の鉱床です。海の底に何百万年前に発生し、海水が蒸発し、この岩塩山が今のまま残ったと見られています。赤、青、黄、ピンク、グレーなどの5つ色の岩塩があります。それはマグネシウム、カルシウム、ヨード、ブロム剤、フロールなどの成分が含まれているため色がそれぞれ違います。これらの要素は、人間の歯、喉や腸の疾患などに非常に効率があります。

もっと

ウブス湖

ウブス湖

ウブス湖は長さ84キロ、幅78キロであるモンゴルの最大の塩湖です。湖水は、海の水よりも5倍塩辛いであり、魚がいませんが、200以上の野鳥の生息地となっています。テス川が流れ込んで、水源になりますが、流れ出る川はありません。2003年にユネスコはウブス湖盆地を世界自然遺産に登録しています。ウヴス湖は、東ユーラシアの主な生物群を代表する生態系がみられ、絶滅のおそれのある数多くの野生動物にとって重要な生息地であることと砂漠地域はアレチネズミ、トビネズミ、マダライタチといった多くの珍しい動物の生息地であり、西端にある山々は、絶滅の危機に瀕したユキヒョウやオオツノヒツジ(アルガリシープ)、アジアアイベックスの重要な隠れ家になっているため、また、水鳥やシベリアから南下してくる渡り鳥の重要なすみかでもあるということで世界遺産に登録されました。

もっと