モンゴルを始めて訪れる人はどんなツアーを選べばよいかと考えて見ました。弊社の皆様へお勧めする4泊5日間のカラコルムへのツアーをご覧になってください。モンゴルの首都ウランバータルより西方380キロのところに位置するモンゴルの古都カラコルムまで足を伸ばし、5日間でモンゴルをたっぷり勉強しながら、楽しむことができるツアーです。途中で「砂の飛び地」と呼ばれているモンゴルの中央ステップゾーンにある砂丘に寄って、ラクダに乗ることができる上で、ゴビ砂漠にいるように感じます。

ツアーのポイント

• 世界遺産となった、シルクロードの十字路であった古都カラコルムを訪れる、
• モンゴルの中央部に位置する「砂の飛び地」であるブルドでラクダに乗ることができる、
• 現代まで伝わってきた、遊牧民の文化を体験、
• モンゴルでの仏教の、センターであるエルデネゾー寺院を見学、
• 大草原の真珠となっているウギー湖へ訪れる、
• モンゴル文化を紹介するに最もふさわしい民族音楽演奏家の団体の演奏を楽しむ、
• 美しい草原、野鳥を見学しながら、ドライビングすることができます。


一目でのツアー 

(1日目): ウランバータルに到着。 (2日目): オルホン谷のモンゴルの古都であったカラコルムへ出発。(380キロ) (3日目): カラコルムから草原の恵みとなっているウギー湖へ出発。(90キロ) (4日目): ウギー湖からウランバータルへ移動。(350キロ) (5日目): ウランバータルから出発。


ツアーの詳細

カラコルム市はチンギスハーンの法令によりオルホン渓谷に1220に確立されている。1220年から1260年の間はモンゴル帝国の行政、貿易、工芸、文化の中心だった上で東と西を繋いでいたシルクロードの十字路でした。カラコルムに遺跡が残っているオルホン谷を一望しながら、日本の援助でできた「カラコルム博物館」とモンゴルの最大な仏教のセンターである、エルデネゾー寺院、キュルテギンの博物館などを見学し、歴史の旅します。

その後、大草原の中の宝物であるウギー湖へ行きます。ここはラムサール条約に加盟された、水鳥の天国であるウギー湖でボートに乗って魚つりを楽しむことができます。ここは二〇〇二年の秋に、秋篠宮殿下と妃殿下が泊まっていたツーリストキャンプに泊まります。記念写真のアルバムを開いてみると写真が出てきます。ここで、JICAのウギー湖やその周辺の野鳥を保護するエコ・プロジェクトが実施されて、その結果でできた情報センターを訪れて、この地域のことを勉強することもできます。

次の日、350キロ続く大草原をドライビングして、ウランバータルに入ってきます。ウランバータルで人気がある「トゥメンエフ」楽団のコンサートを楽しんでください。コンサートは約一時間程度のプログラムですが、オルテンドゥー(モンゴルの長唄)、モンゴル各地の民族舞踊と民謡、ホーミー(喉を鳴らすような二つの音階の独特な歌唱法) 、シャーマンの踊りや仮面舞踊劇と曲芸の各種など、独特な心に響く素晴らしいショーが繰り広げられます。特にホーミーは世界的にも稀なる歌唱法として有名で、喉の奥からほとばしるような二重三重の多重音を発する歌い方は、たちまち聞く人を魅了してしまいます


訪問先

中央県、アルガラント村にある「モンゴル・ノマディック」ツーリストキャンプ、ブルガン県にあるブルド(砂の飛び地)砂丘、 ウブルハンガイ県、カラコルム、エルデネゾー寺院、アルハンガイ県のウギー湖。


出発日

出発日はお客様のご都合の良い日にすることが可能です。


1日目:東京~ウランバータル

14:40 モンゴル航空のOM 502便にてウランバータルへ出発。
20:10 ウランバータルに到着後、専用車にてホテルへ。

ウランバータル市はモンゴル全人口の半分ぐらい住んでいる、モンゴルの社会、経済、政治、文化の中心となっているモンゴルの首都です。1924年にモンゴル人民共和国の首都となり、ウランバータル(赤い英雄という意味)と名づけられました。ウランバータルに到着後、ガイドとともに専用車にてホテルへ行きます。

含まれた費用:専用バス、ガイド、空港送迎、宿泊費、夕食費。

2日目:ウランバータル~ウブルハンガイ県、ハルホリン村

朝食後、中央県のアルガラント村にあるゲルキャンプへ出発。モンゴルノマディックライブショーを見学。遊牧民のゲルを訪問し、遊牧民の生活を見学します。蒸留酒、乳製品などの作り方を見て、味わって見ます。家畜の乳搾り、フェルトの作り方、遊牧民の移動の様子などを見学できます。お昼はモンゴル料理。昼食後、専用車にてカラコルムへ出発。今日はモンゴルの伝統的な住居であるゲルに泊まります。        

含まれた費用:専用バス、ガイド、宿泊費、朝食費、昼食費、夕食費、入場料。

3日目:ウブルハンガイ県、ハルホリン村~アルハンガイ県、ウギーノール村

朝食後、オルホン・バレーの記念碑を見学し、オルホンバレを一望します。その後、カラコルム博物館、エルデネゾー寺院を見学します。昼食後、亀石丘を見学し、ウギー湖へ出発。途中で突厥の記念サイトであるキュルテギンの博物館を見学し、ウギー湖に到着します。          

含まれた費用:専用バス、ガイド、宿泊費、朝食費、昼食費、夕食費、入場料。
                                  
4日目:アルハンガイ県、ウギーノール村~ウランバータル

朝食後、専用車にてウランバータルへ出発。ウランバータルに到着後、ホテルにチェックイン。夕方、18:00民族舞踊観賞。

含まれた費用:専用バス、ガイド、宿泊費、朝食費、昼食費、夕食費、入場料。

9日目:ウランバータル~東京

08:55 モンゴル航空のOM 501便にて東京へ出発。
13:40 東京に到着後、旅行が終了します。お疲れ様でした。

含まれた費用:専用バス、ガイド、朝食費、空港送迎。

最少催行人員:8名様 ホテル(5 star) : 130 US$ per day, ホテル(4 star) : 120 US$ per day, ホテル(3 star) : 110 US$ per day.

ご質問がありますか?

ご連絡をお待ちしております。

+976 11 461542

+976 9902 8887

Call via skype

当社の執務時間は月曜日から金曜日までの09:00~18:00(13:00~14:00は昼休み)です。

info@visit2mongolia.mn